カナダ短期留学

多民族国家であるカナダは留学生に対してもフレンドリーな雰囲気。
世界中から集まる留学生が良好な教育水準・生活環境のもとで学んでいます。
世界2位の広大な国土には豊かな自然が広がり、治安の良さ、住みやすさが大きな魅力です。
カナダの英語は訛りが少ないので聞き取りやすく、美しい標準英語の習得にうってつけ。
さらに英語留学だけでなく、もうひとつの公用語であるフランス語の学習やワーキングホリデーなど多様な目的で多くの方々が留学しています。

都市一覧

基本情報

首都オタワ公用語英語・フランス語
通貨カナダドル(CAD)人口3400万人
面積9984670km2時差UTC -3.5から-8
(カナダ国内で4.5時間の時差があります。)
人口比較

祝祭日

1月1日New Year’s Day9月の第1月曜日Labour Day
復活祭直前の金曜日Good Friday10月の第2月曜日Thanksgiving
復活祭の翌日Easter Monday11月11日Remembrance Day
5月25日直前の月曜日Victoria Day12月25日Christmas
7月1日Canada Day12月26日Boxing Day

世界遺産

ランス・オ・メドー(文化遺産)

カナダの東部、ニューファウンドランド・ラブラドール州のニューファウンドランド島の最北端にある考古遺跡です。この遺跡はバイキングによる新大陸入植地として知られており、彼らの入植はコロンブスの新大陸発見から約500年も前の事。
北米入植の貴重な拠点となったこの土地が世界文化遺産として登録をされています。

スカン・グアイ(文化遺産)

バンクーバーがあるカナダ西部のブリティッシュコロンビア州、クイーン・シャーロット諸島の最南端にあるアンソニー島には、先住民であるハイダ族の集落跡が残されています。カナダの先住民は2000年以上前に住み始めたとされ、集落、貝塚など生活の痕跡を残す洞窟や墓地など多数の遺跡が残っています。まさにカナダの歴史の始まりとも言える貴重な遺跡です。

ヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ(文化遺産)

カナダ中部に位置するヘッド-スマッシュト-イン・バッファロー・ジャンプ。カルガリーの南約150kmにある崖です。崖の幅はなんと300mにも渡り、高さは18m。崖の下にはバッファローの骨が多数埋まっている事として有名です。
バッファローの骨が埋まっている理由として、ここに住んでいた先住民が狩りの手法として、バッファローを崖に追い詰め、崖から突き落として仕留めていた為です。
この狩りは紀元前3000年以上も前から行われていたとされ、なんと19世紀まで続いていたそうです。6000年以上にもなる狩猟の歴史を感じる事が出来る場所です。

ケベック歴史地区(文化遺産)

ケベック州の州都、ケベック・シティーにある旧市街のエリアで、北米唯一の要塞都市として知られています。ヨーロッパからカナダに入植がはじまったその時から、ケベック・シティーは非常に重要な役割を担っており、イギリス系とフランス系の移民での戦争や、アメリカ独立戦争でも重要拠点になりました。
要塞都市として知られているケベック旧市街では、今でも高い城壁が街を囲う様に残っており、城壁の内外で古き良きヨーロッパの街並みが今でも残っています。
カナダに来たからに一度は見ておきたい世界遺産として世界から多くの観光者が訪れるケベック・シティー。知る人ぞ知る観光名所として日本でも人気を集めている旧都市で、I.S.留学センタースタッフのおすすめの観光地でもあります。

ルーネンバーグ歴史地区(文化遺産)

カナダのノバスコシア州、ルーネンバーグ郡にある、ハリファックスから約100km離れた港町です。
この街は1753年に建てられ、イギリス国王のジョージ2世にちなんでいます。かつては港町として、また造船業でとても重要な役割を担い、独自に発展をした街ではありますが、現在では魚の加工業などが盛んに行われています。
かつての大英帝国が築いた北米植民地の特色を、そのままに残している事から世界文化遺産として登録をされています。

リドー運河(文化遺産)

カナダの首都であるオンタリオ州オタワにある、北米で最も古くから使われている運河で、1832年に開通して以来、なんと現在でも使用されています。
米英戦争にて当時イギリスの植民地であったこの地区では、アメリカの脅威に備えてたくさんの要塞や運河を建設しました。リドー運河はその時の1つで、人類の歴史上重要な時代を列証する建築という事で文化遺産に登録されています。すぐ近くには国会議事堂もあり、訪れた際には合わせて訪問する事が出来ます。

グラン・プレ(文化遺産)

2012年に新たに登録された世界遺産。カナダ東部、大西洋に面しているグラン・プレは、フランス語で大牧草地を意味しています。フランス人が入植して以来、この土地に水門や堤防を建設し、農業を営んできました。イギリスとの戦禍に巻き込まれて以来、当時のフランス人の移民は追放されてしまいますが、こうした歴史的にも重要な、そして何より美しい景観が世界遺産として登録されました。

レッド・ベイ国定史跡(文化遺産)

カナダのニューファウンドランド・ラブラドール州のレッド・ベイにあるカナダ国定史跡です。2013年にレッド・ベイのバスク人捕鯨基地として世界遺産に登録されました。大自然の中で生きる、当時の貴重な生活の記録が残っています。

ナハニ国立公園(自然遺産)

ノースウエスト準州、オーロラのメッカとして有名なイエローナイフの近くにあるナハニ国立公園。1年の半分が極寒の時期で、マイナス40度まで下がる事も珍しくありません。世界で2番目の面積の国土を持つカナダ。手つかずの大自然が残っている事で世界的にも有名ですが、ナハニ国立公園はその代表的な1つ。ナイアガラの滝の2倍の落差があるバージニアフォールズの迫力は圧巻。
ナハニ国立公園はオーロラベルトの下に位置している為に、夜は綺麗なオーロラを鑑賞する事が可能です。これぞカナダ!と言わんばかりの大迫力の大自然。一度は訪れたい名所です。

クルエーン/ランゲル-セント・イライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク(自然遺産)

カナダとアメリカの二国による世界自然遺産です。カナダ北西部、アメリカのアラスカとの国境に面している、壮大な表現が広がるこの地域では、氷河が運ぶミネラルを含む土壌が海へ流れ込む事で大量のプランクトンが発生し、多種多様な海洋生物がいる貴重なエリアになっています。また、氷原にもトナカイや灰色熊、パイソン、ビーバー、白鳥などの様々な動物が生息しています。

恐竜州立自然公園(自然遺産)

アルバータにある州立恐竜公園は、世界中の恐竜ファンが憧れを持つ世界でも貴重なエリアとなっています。この恐竜公園では、地層の中に埋もれた化石を直接見る事が出来るのはもちろん、触る事も出来るというとてもスリリングな体験をする事が出来ます。
この地にはかつて豊富な木々が生い茂っており、恐竜の楽園でした。このエリアで発見された完全な骨格化石が150体も発見されています。カナダの大自然の歴史を体験する事が出来る世界でも珍しいエリアです。

ウッド・バッファロー国立公園(自然遺産)

カナダのアルバータ州北東部に広がる世界最大級の国立公園。その規模は九州地方よりも少し小さい位の規模となっています。このエリアは水が大変豊富になっており、人類の文明の影響を受けずに今もまだ広大な森が広がっています。絶滅危機になっているシンリンバイソンの保護を目的に設立された国立公園で、1983年に世界遺産に登録されています。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群(自然遺産)

日本でも知られている、カナダ西部に連なるロッキー山脈。その中でも人気の観光スポットが、世界で最も美しい道と言われているアイスフィールド・パークウェイや、その美しさで世界中の旅人を魅了しているレイク・ルイーズ、大自然の中にあるバンフです。日本の大自然より一回りも大きいスケールを一目見ようと、日本でもお馴染みの旅行先となっています。氷河、氷河湖、3000メートルを超える山脈、滝、渓谷など、美しすぎる自然の前に言葉を失う、そんな体験が出来る地域です。

グロス・モーン国立公園(自然遺産)

ニューファウンドランド島にある国立公園です。この公園はその自然の美しさはもちろんの事、その地質から地球科学歴史研究において極めて重要な土地から世界遺産に登録されています。10億年以上も前には深い海の中にあった岩の上を歩く事が出来、氷河によって削られたフィヨルドの奥までボートで探検が出来、マグマが湧き上って大陸がぶつかり合った場所を見る事が出来る。まさに地球の歴史を肌で感じる事が出来る場所です。

ウォータートン・グレイシャー国際平和自然公園(自然遺産)

アルバータ州にあり、アメリカのモンタナ州と繋がっている国立公園です。この公園は年を通して約3ヶ月しか一般向けにオープンしていない、人の手が加わっていない自然派の心をがっちりつかんでいる人気スポットです。多くの種類の動物、そして多くの珍しい植物が生息している事から、世界遺産に登録をされています。

ミグアシャ国立公園(自然遺産)

カナダの東部、ケベック州にある国立公園です。この国立公園は古生代デボン紀の化石が出土する地域です。デボン紀は魚類が繁栄した時代とされており、生物の進化論の証拠が発掘されたとして有名な地域となりました。ミグアシャのプリンスと言われているデボン紀の化石は、地上で呼吸をする事が出来る器官を持っている事、そして手足のように見えるひれを持っている事から水中から陸上へと進化した魚類の証拠として注目を浴びました。このエリアでは博物館をまわったり、デボン紀の生物を育んだ「温かい湾」と呼ばれている水辺で遊ぶ事も出来ます。

ジョギンズの化石の崖群(自然遺産)

自然遺産として2008年に世界遺産に登録された、ジョギンズの化石の崖群。カナダ東部のノバスコシア州の海岸沿いにあるエリアとなっており、約3億年前の石炭紀の化石が多く発見される貴重なエリアとなっています。

スポーツ

カナダではアイスホッケーが一番人気のスポーツとなっており、冬のシーズンになるとアメリカを含むプロリーグ、NHLにカナダ中が熱狂します。アイスホッケーは日常生活に深く浸透しており、都市によっては無料のスケートリンクが提供されていて、市民の娯楽になっています。また、地域ごとに少年ホッケーチームがあって子供の頃からアイスホッケーに携わっているカナダ人も多くいます。
他にもNBAチームやMLBのチームを持っている都市もあり、冬のイメージが強いカナダであるが、スポーツがとても盛んな国です。

<オリンピック開催歴>
1976年7月17日~8月1日 モントリオールオリンピック
1988年2月13日~2月28日 カルガリーオリンピック
2010年2月12日~2月28日 バンクーバーオリンピック

<モータースポーツ>
F1 カナダグランプリ 1967年から毎年開催されています。

経済

世界第9位のGDPを誇るカナダ。昔は農業が主であった産業が、現在では機械産業や自動車産業で世界をリードしており、近年ではITを中心に新しい産業が伸び始めています。また、カナダは世界有数の資源国です。特に鉱物では多くの種類が世界シェアでトップクラスの採掘量を誇っており、カナダ中部では石油産業も盛んです。

GDP比較

フォトギャラリー

バンクーバー短期留学の最新情報

ページ更新・最新情報(バンクーバー)

INFO → お知らせPICK UP → おすすめCMP → キャンペーンEXT → 外部サイトNEW → ページ追加UP → ページ更新

短期留学:行きたい国から探す

フィリピン短期留学

フィリピン短期留学

オーストラリア短期留学

オーストラリア短期留学

ニュージーランド短期留学

ニュージーランド短期留学

台湾短期留学

台湾短期留学

資料請求 カウンセリング予約